デリヘルドライバーの副業ってどう?

デリヘルドライバーの副業ってどう?

2023/01/25
2,373 views

デリヘルドライバーの副業ってどう?

デリヘルドライバーで働いてみたいけどいきなり本業1本として働くのは怖い、最初は副業としてやってみたい、という人は多いため、大抵のお店では副業での変則シフトでも働けるようになっていますので安心してください。

それこそ週1日「本業のお休み前日のみの勤務」なんて事も可能です。

一般的に見てデリヘルドライバーというお仕事は、副業やWワークという働きかたの目線で見ると相性は抜群と言えるレベルでしょう。

ただ、どんなお仕事でも当たり前にある話ですが、ややデメリットも当然あります。
事前に知ることでうまく回避していい所取りをしてしまいましょう。

いいところ

◆時間を守って安全な車の運転が出来れば仕事が出来る

特別なスキルや資格、学歴などは一切関係なしとなります。
また、多くのお仕事で求められるような「他人との接客」といった関りは本当に最小限となっています(全く無い訳ではないですが、送迎の女の子から話を振られた時に返すくらいのものです)

◆新しく覚える事が少ない

他のお仕事ではいろいろと覚えなければいけないものが多いですが、デリヘルドライバーなら良く送迎先として使われる施設をいくつかと、そこを効率よく往復するだけの道路情報のみが頭に入っていれば毎日のお仕事が可能です。

使用する車も普段あなたが使っている車である事が多いので新しい車になれる必要すらありませんし、金銭等の授受も無いので安心です。

◆本業に被らない時間で働ける

一般的なお仕事の場合、朝から夜が勤務時間となっていて、副業で働ける時間は夜しかない、という人が多いです。

デリヘルドライバーはメイン業務時間が夕方~深夜となっていますので時間の都合がつきやすいです。

◆給与が高い

車を持っていなかったり免許がないのであれば、ウーバーイーツのような宅配をする人をよく見かけますが、その運ぶものが食品か女の子か、の違いだけで給料は段違いです。

基本的に働く時間も夜間なので単価も高いですし、さらにお客様と直接金銭の授受をしないで良い、という所も高ポイントです。

夜のドライブのついでで高収入、と考えるとすごくないですか?

気を付けるところ

◆身体のサイクルに注意

あまり遅くまで働くことでいつも通りの睡眠時間がずれ込んでしまい、単純な睡眠不足だけではなく、本業の方に影響するような身体のサイクル変動による不調が出ないように注意しましょう。
最初は1日くらいから初めて、身体が慣れてきたら日数を増やすなどの対策を取ってください。

◆本業側の許可は必ず確認して

本業がキッチリとしたお仕事であればあるほど、副業の可否が契約として明記されています。
当然ながら「副業禁止」となっているのに副業をしたら契約違反になってしまい、本業の方で大変なことになってしまいます。

お店側からは「本当に副業OKなの?」という確認はご本人にしか取れませんので事前にしっかりと調べておきましょう。

◆車のメンテ、安全確保

送迎で使用する車はあなたのプライベート車である事が殆どです。
自分一人が乗っているのであれば、ちょっとした車の不調などは無視してしまっている事もあるでしょう。

しかしお仕事で使用するとなったら法律違反は当然のこととして、最低限度のマナーも注意するべきです。

爆音轟かせるような車に乗せられた女の子がどう思うか、痛車もしかりです。

万が一整備不良で警察に止められてしまってお客様との待ち合わせの時間に間に合わなくなってしまうような事態にはならないようにしてください。

まとめ

如何でしょうか。正直メリットの方はいくらでも出てくるのですが、デメリットの方はあまり出てこないくらいデリヘルドライバーのお仕事は恵まれている部類に入ると思います。
皆さんも是非働いてみませんか?

風俗求人業界歴20年の40代おじさん。自身がシングルマザー家庭で育ったこともあり、女性の自立や生活環境の向上に少しでも役立ちたいと思って活動しております。

この記事のライター

bon

bon

...