デリヘルドライバー採用への道 運転時のマナーとは?

デリヘルドライバー採用への道 運転時のマナーとは?

2022/08/29
936 views

デリヘルドライバーは言うまでもなく、車を運転することが仕事になる。運転というのはお客様、この場合はお店の女の子を無事に目的地へと送り届けることで賃金が発生する。

そもそも運転時にもマナーというものは必要なのか?という質問を以前いただいた。そのため、今回はこの疑問についてお答えしていく。

僕の名は石田あきら。40歳デリヘルドライバーだ。パチ屋を辞めた後、「男の風俗求人サイト」という求人サイトに載っているお店で働いている。デリヘルドライバーとして女の子たちに囲まれた職場で毎日を楽しく過ごしている。

一番気を付けることは安全運転

運転時のマナーの前に最も気を付けるべきは安全運転だ。無理な運転は事故の元。どんなに急いでと急かされたとしても、常に冷静になってハンドルを握らなければならない。

周囲の状況に気を配りながら運転するのは当然として、急ハンドルや急ブレーキも多用しない方がいい。女の子によっては乗り物酔いする人もいる。現場に着く前に気分が悪くなってしまえば元も子もない。店長にも怒られるだろう。

安全運転と快適な動作を心がけることは、最低限のマナーだ。

事前に渋滞等トラブルを調べる

これもデリヘルドライバーにとって非常に大事なことだ。時間通りに到着するだろうと出発したとして、渋滞にはまって遅れたら、お客様を待たせてしまうことになってしまう。もちろん、突発的な事故など止むを得ない渋滞に巻き込まれてしまうこともあるだろう。この場合は仕方ない。

しかしだ。

渋滞はあらかじめわかる場合も多々ある。事前に渋滞情報をチェックする、ニュースなどを見るということで回避可能なときもあるのだ。

デリヘルドライバーたるもの、天候にも敏感でいたい。台風の進路と被った場合は、それが渋滞につながることもある。土地が低い場所は回避するなど、あらかじめ想定してルートを決めるべきだ。

実はこれらは、デリヘルドライバーの誰もがしっかりできているかといえばそうではない。そのため、渋滞等のチェックを怠らないという姿勢を続けていけば、デリヘルドライバーとして確実に評価につながるはずだ。

女の子と仲良くなりすぎない

女の子を退屈させないことも大事かと思いきや、デリヘルドライバーでこの部分は特に重要ではないのです。むしろ、送迎中に女の子との私語を禁じているお店もある。

女の子と仲良くなりたいという目的でデリヘルドライバーを志望する方が多いため、このようなルールを設ける店が出てきたのだと思う。

この場合、ルールを破ると最悪クビになる可能性もある。注意か必要だ。

運転中、女の子と無理にコミュニケーションをとる必要などまるでない。

重視すべきはいつでも安全運転だ。

しかしながら、私語禁止と明確に言われているわけでもなければ、世間話ぐらいはしてもいいだろう。

例えば、女の子に話しかけられたときに常に無視をするというのは、逆に不信感を抱かれる可能性もある。女の子にとってはストレスのたまる仕事だ。少しの時間でも話し相手になってほしいと思う時だってあるだろう。

世間話に相槌を打つ程度であれば、基本とがめられない。

あくまで仲良くなりすぎなければいいんだ。これも一種のマナーだ。

まとめ

デリヘルドライバーの運転時のマナーを紹介した。

店独自のルールはあるだろうが、基本は安全運転の徹底こそが課せられた使命だとおもってもらっても良い。

後は、自分から積極的に話しかけたり、口説いたりしないことも重要だ。女の子の評価が著しく低いと、仕事が減る可能性もあるからその点も留意したうえで、末永く働いていきたいものだ。

「条件:やる気!月収60万円マジで稼ぐ」

つづく

男の高収入求人サイトはこちら

この記事のライター

bon

bon

...